タイ(タイ王国)とShopee

タイについて

タイの人口は、約6,500万人。主な宗教は仏教です。
首都はバンコク、民族はタイ人が最も多く、他には中国からの華人やマレー族が居ます。
公用語はタイ語、あと若者を中心に英語が出来る人が増えています。
国家元首が、ワチラロンコーン国王。
立憲君主制で、首相はプラユット・ジャンオーチャー首相です。
5年間の軍事政権の後、2019年の総選挙で民政復帰を果たしました。

タイの経済状況

※下記データは2018年、外務省基礎データ、Yahoo!ファイナンス、JETRO(日本貿易振興機構)、
CIA The World Factbookより参照

主要産業農業は就業者の約40%弱を占めるが、GDPでは12%にとどまる。
一方、製造業の就業者は約15%だが、GDPの約34%,輸出額の90%弱を占める。
名目GDP4,872億ドル
一人当たりGDP7,187ドル
実質経済成長率4.1%
物価上昇率1.1%
失業率1.1%
主要貿易相手国輸出:中国(12.0%)、米国(11.1%)、日本(9.9%)
輸入:中国(20.1%)、日本(14.2%)、米国(6.0%)
通貨・為替レート1ドル=約32.3バーツ

プラユット政権下で掲げられたのが「タイランド4.0」という計画で、

次世代自動車
スマートエレクトロニクス
医療、健康ツーリズム
農業、バイオテクノロジー
未来食品
ロボット産業
航空、ロジスティクス
バイオ燃料とバイオ化学
デジタル産業
医療ハブとなる産業

の10部門において、新たな産業振興政策により、高所得国を目指しています。

2017年のタイの携帯電話加入率が176%(総務省の世界情報通信事情参照)
アジア経済ニュース2018年8月7日の記事では、タイの電子決済プロムペイが登録4千万件を突破とあり、
デジタル産業に力を入れる政策が反映されつつあるようです。

タイのShopee事情

 

タイの新聞バンコック・ポスト2019年4月8日の記事では、
2018年、Shopeeの地域の総商品価値(GMV)は、東南アジアの市場価値230億ドル
(市場シェア44%)のうち100億米ドル、ユーザー数は3000万人近くに達したと報じています。

少子高齢化の問題や、経済の急成長に国民が追い付いてない感はありますが、
Shopeeに関しては明るい要素が多く、参入の余地はありそうです。

タイのShopeeホームページはこちら

↓ ↓ ↓

Shopee Thailand | ซื้อขายผ่านมือถือ หรือออนไลน์